FC2ブログ
SIN通信~自分を変える~
就労を目指す、精神・発達等の障害を持つメンバーのブログです。就労移行支援事業所・SIN医療福祉サービスに通所し、様々なことにチャレンジしています!

交流分析・エゴグラム

前回、交流分析・エゴグラムというプログラムがありました。


エゴグラム(Egogram)とは…

エリック・バーンの交流分析における自我状態をもとに、弟子であるジョン・M・デュセイが考案した性格診断法で、人の心を5つに分類し、その5つの自我状態が放出する心的エネルギーの高さをグラフにしたもののことである。(wikipediaより)


こちらで診断しました。
http://ta.direct-comm.com/charactor/


5つの自我状態とは…
CP(支配性)
厳しい心。自分の価値観を正しいものと信じて譲らず、責任を持って行動し、他人に批判的である。この部分が低いと、ルーズな性格になる。
NP(寛容性)
優しい心。愛情深く、他人を思いやって行動し、世話好きで保護的、親切である。この部分が低いと、冷淡な性格になる。
A(論理性)
論理的な心。現実を重視しており、知的で計算力が高く、聡明で頭脳明晰、合理的である。この部分が低いと、非合理的な性格になる。
FC(奔放性)
自由奔放な心。明るく好奇心旺盛でユーモアがあり、わがままで自己中心的である。この部分が低いと、閉鎖的で暗い性格になる。
AC(順応性)
協調的な心。他人からの評価を気にし、言いたいことを言わずに我慢してしまい、従順で遠慮がちである。この部分が低いと、マイペースな性格になる。


各項目20点満点で診断します。高ければいいというわけではありません。


受けてみての感想


DUKE.Mさん
2回目の診断でグラフが明らかに変わっていた。
高すぎる数値が下がり、低すぎる数値が上がり、個人的に改善に向かっていると
解釈しました。


C子さん
診断を行ってみて、まわりに指摘されていることと、自分でも思っているところの傾向が
当てはまっていました。
自分から発信することが苦手なので、もう少し積極的になりたいと思います。


Tさん
極端に数値が低いもの、高いものがあった。
バランスが悪いので、少し気をつけたい。


かじきまぐろさん
自分は一番低い値がAの論理的で10、一番高い値がACの順応的で19でした。
気になったのはACで、これは高すぎる!と思いました。人に合わせすぎなのかなと
思い、個人的に記憶をさかのぼり、いつからこんなにACが高いのか調べたりしました。
そうすると、小さいときから、自分の意見を言わずにいましたが、一番人に合わせていたのは高校一年で、出せるようになってきたのが高校三年の時。
それで現在なので、これでも昔よりはましなのだろうと思いました。
これからも、自分の意見を出せるよう頑張っていきたいと思います。


自我状態を知って、自分の心のバランスを取るのに役立てる目的があります。
皆さんも興味があれば受けてみてください。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

SIN医療福祉サービス

Author:SIN医療福祉サービス
今のままでは、お仕事にそのままつけないといった方に、お仕事に向けての技術やコミュニケーション訓練などのプログラムを提供している事業所に所属しているメンバーがブログを書いています。就職を目指しているメンバーが日々プログラムに取り組んでいます。
楽しんで見ていただけると幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR