FC2ブログ
SIN通信~自分を変える~
就労を目指す、精神・発達等の障害を持つメンバーのブログです。就労移行支援事業所・SIN医療福祉サービスに通所し、様々なことにチャレンジしています!

映画鑑賞

 梅雨も明け、蒸し暑い日が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
 さて今回は、先日映画鑑賞というプログラムを行いましたが、それに関して紹介したいと思います。このプログラムは、この映画の主題は何か?この映画を通して自立するためにはどの様なことが必要かを理解することが目的です。
今回は「ベイマックス」をみんなで鑑賞しました。

---あらすじ---
未来感にあふれる街、サンフラン・ソウキョウ。ここに住む少年ヒロが、亡くなった兄のタダシが作ったケアロボット「ベイマックス」とともに、心の成長をしていく物語。
-------------

 鑑賞終了後、3グループに分かれて、この映画の主題に関して考え、発表を
行いました。各グループで出た主題をまとめると、”仲間との支え合い、兄弟愛、
視点を変えてみる、主人公ヒロが兄にばかり依存をして、最終的に自分自身で
自立した” といったことなどがあげられました。
このプログラムを通しての感想をいくつか紹介したいと思います。

Duke.M
主題とは何かについて考えながら、映画を鑑賞したため、疲れました。
でも面白かったです。

オリオンびーる
私は映画のストーリーを理解することが苦手です。けれど映像が
とてもきれいで感動しました。

かじきまぐろ
自分が普段見た映画についてこんなに長く人と話すことはないので、
とても新鮮に感じました。

皆さんこのプログラムを通じて、色々感じることがあったようで何よりです。


このメンバーでのSIN通信のブログは最後になり、次回以降異なるメンバーでの
ブログ配信が続きますが、引き続きこのブログをご覧いただければ幸いです。
スポンサーサイト



障害者就職面接会を終えて

この度、当事業所が巣鴨に移転いたしました。
近所には六義園があり、移転後、皆で散歩に行って、蚊に刺されながらも
リフレッシュしてきました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

さて、去る6月25日、千駄ヶ谷の東京体育館で、障害者就職面接会が行われました。
この面接会は、ハローワーク主催で約260社の企業のブースがありました。
身体・知的・精神障害の方がいらっしゃいました。
2月の面接会よりも参加者は多かったようでした。
当事業所からの参加は、面接応募者が6名で、見学者は4名でした。
就労移行支援事業所に通所していると、面接時に、支援者の方が
横にいてくださるので、安心して臨めます。

では、実際した人の感想を聞いてみましょう。

食べ物大好きさん
会場の雰囲気は、一般の集団面接会と比較して、とてもゆったりとした印象を
受けました。
一般の面接では聞かれない社内で配慮して欲しいことを面接時に聞かれたので、
その点は、障害者の集団面接会ならではと感じました。
面接での緊張感は、1社目の時はありましたが、2社目以降は、過度な緊張感もなく
臨めました。

Duke.Mさん
周りに大勢人がいるので、逆に緊張しませんでした。
面接で聞かれる内容は、事業所で言われた通りでした。
面接は数をこなすことが大事とも思いました。

オリオンびーるさん
面接会は2回目の参加でした。
どうしても受かりたいという思いから、とても緊張しました。
今までのやってきたことに自信を持って挑もうと、気合いを入れていました。

旅芸人さん
私は見学でしたが、最初のイメージと違って、面接官と参加者の距離が近かったです。オープン(障害者雇用)ということもあってか、どの面接官も参加者の話を熱心に聞いてくれていたようでした。
そのため、思っていたよりも緊張しない印象を持ちました。

 合同面接会参加者の感じ方もそれぞれ異なったかと思いますが、もし参加される
機会があればご参考にして頂ければと思います。

プロフィール

SIN医療福祉サービス

Author:SIN医療福祉サービス
今のままでは、お仕事にそのままつけないといった方に、お仕事に向けての技術やコミュニケーション訓練などのプログラムを提供している事業所に所属しているメンバーがブログを書いています。就職を目指しているメンバーが日々プログラムに取り組んでいます。
楽しんで見ていただけると幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR