FC2ブログ
SIN通信~自分を変える~
就労を目指す、精神・発達等の障害を持つメンバーのブログです。就労移行支援事業所・SIN医療福祉サービスに通所し、様々なことにチャレンジしています!

感情を吐き出し気分転換☆


クリスマスまで、後4週間になりましたが、
インフルエンザなどにかかってないでしょうか?
予防のために、うがいと手洗いは欠かさないようにしましょう。
それではSIN通信スタートです!


今日のトピックは、感情表現のプログラムです。
ストレスの影響で、感情がなかなか出せず最悪の場合、病気になってしまいます。
そうならないためにも、ストレスを発散するというかたちで、プログラムが行われます。
今回は体育館での訓練で、一人一つずつ配られた紙粘土を使い、自由に表現をしました。
皆さんは紙粘土をこねたり、工作したり、あるいは壁に叩き付けたりと様々でした。
皆さんの感想を聞いてみました。

皆さん、はじめは粘土を投げつけたりする斬新な行為に、躊躇したりする人も多かったようです。
しかし、童心に還って粘土をこねることで気分が落ち着いたり、
思いきり大声を出しながら粘土をぶつけ、思いのたけをぶちまけることで気分がスッキリして、
負の感情などを少なからず発散することができ、皆さん楽しんで参加されたようです。
肉体的には思いのほか疲れも出たようですが、最終的には
身も心もスッキリして自分自身を見つめなおすのに役に立ったようです。

【最後に】
皆さん、様々な感情を表していたと思います。
童心に還って楽しんだ方、今のモヤモヤした気持ちを粘土にぶつけた方…、
それぞれの感情の発散の仕方で、心も身体もスッキリされた様です。


スポンサーサイト



発表についての感想

皆さん、こんにちは。
最近、暖かい日と寒い日が続いて、
体調が着いていくのがいっぱいいっぱいになってます。
皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?
今年も残すところ、あと一ヶ月ちょっと。一年は早いものですねぇ・・・
では、今回のSin通信行ってみましょう!

今日のトピックは新聞要約です。
今回も皆さん興味のある新聞記事を取り上げて、堂々と発表していました。
皆さんは、一生懸命にメモを取り、聞いている姿勢も印象的でした。
皆さんの感想をインタビューしてみました。


「彼氏や彼女を作らない人が増えている記事を聞いて、
実際私もその一人で傷つくのが辛いので、話を聞いて少しホッとしました。
私だけじゃないのだと思いました。」

「今回に限らず、ここ最近は偽装ややらせなど
倫理観に欠ける記事が目立つように感じました。
今後、我々消費者もこういったことについて、
考えていかなければいけないと思いました。」

「食品偽装については、食しているものが
本物で安全なのかという疑心暗鬼になってしまうことと、
名のある会社がやっていたことに、とても不安感を抱きました。
また皆さん、発表するのが回を重なるごとに、上手になってると感じます。」

「最近、騒がれている食品偽装に関して、皆さんの話し合いを聞くと、
中には「美味しければそれでいい」というコメントもあり、
人間の食生活を改めて考える良い機会だと思いました。」

「TVのやらせ問題と東北の違いについてが、興味深い内容で良かったです。
世間のことが、より深く分かって面白かったです。」

「歴史好きな自分にとって、豊臣秀次の話がとても面白かったです。
自分が今まで知らなかったり、興味が無かったことを
新聞要約で発表してくれた人がいると嬉しいし、ありがたいです。」

「発表を聞いて、取り上げる記事の内容に、
その人の関心が反映されている感じがして面白いです。
『豊臣秀吉が秀次に切腹に異議』という発表に
関心の高さがよく表れていると思いました。」


【最後に】
今回の新聞要約の発表もその人の興味や関心が表れており、
また多くの人がもともと興味が無い内容でも、
発表者の個性や工夫により、最終的に皆が全ての発表に
興味を持つことが出来たのではないかと思いました。


金曜の新ゲーム!

皆さん、こんにちは!
ここ数日で急に寒くなりましたが、風邪など引いてないでしょうか?
富士山には初冠雪が見られたそうです。
冬の足音がすぐそこまで来てますね。
それではSIN通信を始めます。


さて、今日私たちは週一回のひと時であるゲームを行いました。
今回は二班に分かれて、市販のカードゲームとボードゲームを行いました。
カードゲーム班は、ごきぶりサラダという名前のカードゲームと
トランプを用いたアルゴというゲームを、ボードゲーム班はカルカソンヌを行いました。

・ごきぶりサラダというのは、ジャック・ゼメが制作しドイツのボードゲームメーカーの
ドライ・マギア(de:Drei Magier Spiele)が2007年に発売したカードゲームです(wikiより)。
トランプのダウトに似ているゲームでもあります。

・カルカソンヌは、Hans im Glück Verlag社より2000年に発売された、
ドイツのボードゲームです(wikiより)。
日本の陣取りゲームに近いものを感じました。



ゲームをした人の感想を聞いてみました!
○ごきぶりサラダ
・ルールがシンプルでしたが、スピードと冷静に答える能力が求められるゲームで
 パニックになることがありました。
・ルールは簡単で最初は戸惑いましたが、慣れると実に楽しめるゲームでした。

○トランプのアルゴ
・こきぶりサラダよりも難しく、誰がカードを持っているのか迷いました。
・真面目に頭を悩ませるゲームで心理的にも戦略的にも楽しめるゲームでした。

○カルカソンヌ
・自分の土地を、どのように広げていけばいいのか考えながらボードを置くのが楽しかったです。
 ルールを理解するのに時間が掛かったけど、分かったら楽しいゲームでした。



【最後に】
今日、どのゲームも初めて遊んだものでした。
とても頭を使うゲームで、新鮮な気持ちでした。
また、このゲームを遊びたいです!


プロフィール

SIN医療福祉サービス

Author:SIN医療福祉サービス
今のままでは、お仕事にそのままつけないといった方に、お仕事に向けての技術やコミュニケーション訓練などのプログラムを提供している事業所に所属しているメンバーがブログを書いています。就職を目指しているメンバーが日々プログラムに取り組んでいます。
楽しんで見ていただけると幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR