FC2ブログ
SIN通信~自分を変える~
就労を目指す、精神・発達等の障害を持つメンバーのブログです。就労移行支援事業所・SIN医療福祉サービスに通所し、様々なことにチャレンジしています!

10月31日は・・・


みなさん、こんにちは。
気温が少しずつ低くなって、冬が近づいている感じがします。
風邪などひいていらっしゃいませんか?
それでは今週のSIN通信でーす!

今日は10月31日ということで、今回は趣向を変えて「ハロウィン」をテーマに特集を組んでみました!
SIN通信スタッフは「ハロウィン」について気になるところを取り上げてみました!

・オレンジ色のカボチャがあるが、日本のカボチャと違い、中が空洞になるくらい種だらけで、
しかもほとんどが家畜用の餌として使われる。
しかし、意外に柔らかいので、子供でもナイフで簡単にカボチャのランタンが作れる。

・日本では、宗教的背景の中でハロウィンを開催している例は全く無く、
あくまでイベントとして楽しむもので、娯楽化、商業化されたもの。
10月限定にカボチャを使ったものをよく目にするのはこのためである。
(例:カボチャの餡が入ったパン、カボチャのタルト、カボチャのプリンetc…)

・日本におけるハロウィンパレードの発祥は、今から30年前の1983年の原宿のキディランドだった。
その後キリスト教系幼稚園や英会話学校が実施するようになり、段々広まっていった。

・JR川崎駅前では「カワサキ・ハロウィン・パレード」が行われている。
アメリカのイメージとは異なっており、日本のハロウィンとして考えるのなら
ハロウィンパレードもありなのかもしれない。

・カボチャのランタンは、アイルランドの民謡では最初はカブだった。
その話がアメリカに渡った段階で、アメリカではカブは馴染みがなく、
カボチャが多く取れたのでカボチャになった。

・祭りは楽しいだけではない。
アメリカでハロウィンのトラブルはもちろんあり、大部分は子供たちがもらうお菓子が原因である。
お菓子の中に入っていたコカインで中毒になったり、チョコレートでコーティングされた
マリファナを渡されたりという事件もあった。

【まとめ】
ハロウィンに関して調べてみると、今までのイメージを覆すような内容ばかりでビックリでした。
何気に目にしているカボチャにも、由来など今まで知らなかったことを知ることができてよかったです。
皆さん、Happy Halloween!!


スポンサーサイト



新聞要約

皆さん、こんにちは。やっと秋らしくなってきた今日この頃、いかがお過ごしですか?
それでは今週のSIN通信を始めます!

今日のテーマは新聞要約のことについてお伝えしようと思います。
SINではプログラムの一環として、新聞要約を毎週行っています。
気になった新聞記事を自分なりに要約し、その中で気になったことを調べ、自分の意見をまとめて、発表を行っています。
皆さんの発表では、毎回感心する声やメモ取りをしていたり、質疑応答では積極的に手を挙げている利用者もいます。
今回の新聞記事は、未確認生物や隕石、デザイナーズベビー、警察のこと、防波堤、伊豆大島の土石流の話でした。

皆さんに新聞記事について感想を聞いてみました!

○ある人の発表がUMA(未確認生物)についてのニュースの要約で、この手のニュースはマニアにはたまらない内容でした。
○皆さんの発表とも、個性がよく表れていて面白かったです。
○皆さんのタメになる話題だったので、すごく勉強になりました。
○デザイナーズベビーについての内容はとても興味深く、将来本当に受精卵の遺伝子操作によって、
両親好みの子供を創ることができる様になるのだろうか!?と、少し怖い思いをしながら聞いていました。まるで、映画の「ガタカ」の世界に近づいているような・・・。(怖)
○皆さん、さまざまな記事を紹介してくれた中で、今回は未確認生物についてや、
隕石など未知の世界に関する内容が多く興味深く聞くことができました。
○新聞記事の要約は、毎回そのまま説明してしまうことがあるので難しかったです。
記事の中でも重要なところはどこなのか毎回悩んでいます。
今回の発表はSFに出てきそうな内容で、ロマンや将来を感じさせる内容でした。

【編集後記】
記者①
今回はいつもと比べて、マニアックで興味深い内容が多かったので、皆さん非常に関心を持って聞いていました。
また、伊豆大島についての記事など、最近の内容の記事も目立ち、それについてより詳しく知ることができました。

記者②
今回の発表は、社会的な記事よりも三面的な記事を選び、発表する方が多かったです。
未確認生物(雪男)や隕石の話、社会的なのは、最近の伊豆大島の災害、警察の不祥事のことが出ていました。
やはり、皆さんの耳をダンボにしたのは、雪男の話と隕石、遺伝子操作によるデザイナーズベビーの話でした。
私個人では、隕石はその後どうなっているのか?ということが気になっています。隕石のひとかけらでも日本の科学館にこないかな?と思います。
子供たちに宇宙へのロマンを抱いてほしい。そんな夢を持ってほしい。


2ヶ月にわたる個別課題

明日の台風の準備は大丈夫ですか?まだ済んでない方は早めに準備しましょう!!

10月に入りましたが、暑くなったり、寒くなったり・・・
体調は崩していませんか?
そんな時には、これを読んで元気になりましょう!!
それではSIN通信スタートです。

先日、プログラムで個別課題の発表がありました。
個別課題とは、個人が気になることや好きなことなどの課題を自由に決め、それを作成した
資料をもとに、発表するプログラムです。

感想
Aさん 皆さんの発表とも大変よく調べてあってビックリしました。
また、配布された資料にも作る人の個性が表れていて面白かったです。

Bさん 皆さん一人一人が、とても詳しく調べていたので、興味深く聞くことができました。
また、次回の発表も皆さんのものを参考にしていきたいと思いました。

Cさん 発表資料の情報や、成果物の作成に時間が掛かり過ぎて、
スケジュールを予定通りに進めることが出来なかった。

まとめ
それぞれの内容は発表のやり方など、個性溢れる工夫がなされており、
興味深い発表も多く、皆さん最後までとても楽しく聞くことができました。
発表を通して皆さん、自信が身に付いたのではないでしょうか

ゲームで気分転換

10月に入り、朝晩肌寒くなって来ました。上着が手ばなせない日が続きますね。
それでは、SIN通信のスタートです。

今回は、擬音語から何の音かを連想し、同じ言葉を連想した人数が得点になるというゲームを取り上げます。

《ルール》
1)1人が紙に書けるような音のお題を出す。
2)2~3分で出されたお題から連想する物、動詞、形容詞を一つ思いうかべ紙に書く。
3)一人ずつ発表して、同じものだったら挙手をし、挙がった数が点数になる。
4)合計点を出す。
例えば、ガタンゴトン=電車、汽車 
      シュポン! =ビール、ワイン、シャンパン

《感想》
・今までやったゲームは、物から音を連想するゲームだったのですが、
 今回は、音から物を連想するということで、想像するのが難しいと感じるゲームでした。

・みんなと一緒にゲームをして、とても楽しめました。
 「今度は違うゲームをしたいな」と思いました。

・今回は初めてやるゲームでしたので、とてもエキサイトしました。
 また音から何かを連想するゲームとあって、皆さんお題にユニークな音を出してくれたので、
 とても盛り上がることができました。

・自分がお題を出す時に、当然のように「多くの手があがる!」と思ったのですが、
 私しか手をあげなくてショックでした・・・

《まとめ》
 慣れないゲームで難しく感じることもありましたが、
 頭の体操にもなり、気分転換と良い刺激にもなって、皆楽しんでいました。

プロフィール

SIN医療福祉サービス

Author:SIN医療福祉サービス
今のままでは、お仕事にそのままつけないといった方に、お仕事に向けての技術やコミュニケーション訓練などのプログラムを提供している事業所に所属しているメンバーがブログを書いています。就職を目指しているメンバーが日々プログラムに取り組んでいます。
楽しんで見ていただけると幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR